記憶力の低下には原因があった?

記憶力の低下には原因があった?

加齢によって記憶力が低下するのはよく言われていることですが、その他にも記憶力が悪くなるのには原因があると言われています。

記憶力の低下の原因に気を付けることで、記憶力を高く保ったまま生活することが可能でしょう。

石井式・瞬間記憶術で
瞬間記憶脳をつくる!
公式サイトはココから!

スマホの使い過ぎにご注意!

実は最近の研究で、スマホやパソコンの使い過ぎによって記憶力の低下を招いているという結果が出ているものがあります。

スマホやパソコンは私たちの生活には欠かせないものとなっていますが、スマホやパソコンは膨大な情報を私たちに提供し続けます。

情報のインプットが多くなると、私たちの脳は情報方の為疲れてしまいます。

この脳が点かれている状態が続くと、イライラしたり物覚えが悪くなるなどの症状を引き起こす「脳過労」といわれる状態になると言われています。

脳過労の状態が続けば記憶力に異常をきたし、スマホを長時間使う子供の大脳の発達に異常が出るといった研究もあるようです。

スマホの使用時間が長い人は、定期的に脳をリフレッシュする時間をとってほうがいいかと思われます。

脳過労への対策

脳過労の状態をなるべく回避するべく、対策をとっていきましょう

対策その1、マルチタスクを控える

脳が特に疲れやすいのは、複数の作業を同時にする「マルチタスク」をしている時です。

マルチタスクをしているようで、実際の脳は、一つ一つの作業を拘束に切り替えて行っている状態になります。

この処理の繰り返しが脳への負担が大きいのです。

スマホを見ながらテレビを見たり、家事をしたりすることが脳への負担になっているということですね。

対策としては、マルチタスクを避け、タスクの合間には休憩をはさむのがいいと思われます。

もちろん休憩の時間には、スマホやパソコンからは離れてくださいね。

対策その2、ボーっとする時間を作る

ぼーっとする時間というのは、脳が何もしていない状態のことを指します。

次に何をしようか、あの仕事はどうなっているかな、などを考えず脳を休めることで疲労回復を促します。

ただぼーっとするだけではなく、軽い散歩をしたり、お風呂に入ったりしてリフレッシュをすると、高い休息の効果が望めますよ。

スマホを使うルールを設ける

スマホやパソコンなどは、ついダラダラと続けがちですが、そうしたらダラダラスマホが脳に疲労を与えます。

スマホを使う時はダラダラと使い続けないようにルールを設けるのがおすすめです。

長時間使い続けず、30分や1時間に5分~10分程度の休憩をする

休憩の際は通知や着信をオフにする

夜寝る1時間前はスマホを使わない

こういったルールを設けることでダラダラスマホを防ぎ、脳疲労の原因を減らすことができます。

石井式・瞬間記憶術で
瞬間記憶脳をつくる!
公式サイトはココから!
TOPページを見る