食事で脳も健康にしよう

食事で脳も健康にしよう

私たちが普段何気なく口にしている食事ですが、食材の中には脳機能を向上させるものがあるといわれています。

脳の神経伝達を助けるタンパク質や、脳の栄養となる糖分など

普段の食生活を心掛けることで身体と脳も同時健康になります。

どういった食事をとれば記憶力が改善するのか、そちらを紹介していきましょう。

石井式・瞬間記憶術で
瞬間記憶脳をつくる!
公式サイトはココから!

脳が健康になる食べ物とは?

脳機能改善するために必要な栄養素は、酸素、糖質、ビタミンB群となっています。

最近では脳機能を助けるサプリとして、DHAやEPAも有名ですよね。

ではどういった食材にそれらが多く含まれるのでしょうか?

果物や白米などブドウ糖を含むもの

ブドウ糖は脳の働きを助けるエネルギーです。

最近ではブドウ糖を多く含むラムネ菓子などが勉強のおともに最適として有用だということがわかっています。

また、白米やバナナなどの果物にもブドウ糖は多く含まれています。

脳にエネルギーがいくことで脳機能も活性化し、記憶を司る海馬の働きもよくなると言われています。

特にバナナはエネルギーの吸収がいいので、勉強の最中に小腹が空いたときは最適なおやつになりますよ。

青魚はDHA・EPAが豊富

青魚というのは、サバやイワシなどの白身魚のことをいいます。

特に熱を通さないお刺身は効率よくDHAを摂取できるため、魚をよく食べる人は認知症になりにくいといった研究結果もあるほどです。

DHAやEPAは熱に弱いので、生食や缶詰などからよく摂取できますので、調理の手間が省けて二度おいしいですね。

ビタミンB1、B2

ビタミンB1、B2が含まれる、豚肉や鮭、ニンニクや大豆なども脳機能の改善に役に立ちます。

先ほど脳のエネルギーとしてブドウ糖を上げましたが、ブドウ糖を吸収するためにはビタミンB群がかならず必要になってきます。

豚肉や白米でしたら普段のメニューにも組み込みやすい食材なので、ぜひメニューを検討してみてくださいね。

食生活に気を遣おう

普段の食生活からも脳機能の改善には役立つことが分かりましたね。

脳だけではなく体の健康に気を使うためにも、食生活の見直しは生活習慣を見直すうえで非常に有効だと言えます。

また、よく噛んで食べることで、前頭葉が活性化し記憶力や集中力が向上することがわかっています。

食生活に気を使い、適度な運動をして、ちゃんと睡眠時間をとる。

健康的な生活こそが、脳機能を正常に保つためには必要なことだと言えるでしょう。

石井式・瞬間記憶術で
瞬間記憶脳をつくる!
公式サイトはココから!
TOPページを見る