生活習慣で記憶力が変わる?

生活習慣で記憶力が変わる?

ふとした時に「あれ?物忘れひどくなってない?」と思うことはありませんか?

記憶力は加齢による低下だけではなく、生活習慣が大きくかかわっているというのが分かっています。

ここでは記憶力に関わる生活習慣を見直し、記憶力をアップさせるための習慣を提案していきます。

石井式・瞬間記憶術で
瞬間記憶脳をつくる!
公式サイトはココから!

運動をする

運動をすることで血流の流れがよくなれば、脳への酸素の流れがよくなります。

脳への血流が活発になれば、脳の栄養素である酸素がめぐり、脳機能が上昇すると考えられています。

そして、運動は習慣にすることによって身体機能が上昇し、おのずと脳機能も合わせて上昇すると言われています。

脳機能の実験で、毎日ちゃんと運動をする人としない人をグループに分け結果を計測したところ、記憶力にも違いが出るという研究結果もあります。

特に現代人は運動が不足しがちなので、毎日意識的に運動する時間を作り、習慣化するように心がけたほうが良いですね。

7時間以上の睡眠を心掛ける

人間の脳機能は睡眠時間が不足すると低下します。

脳機能が正常に働かないことでストレスがたまり、ストレスが脳機能を低下させるという負のスパイラルに陥ります。

人間に必要な睡眠時間は7~8時間ほどと言われており、毎日適度睡眠時間を取ることが大切になります。

特に現代人は睡眠時間が足りていない方は非常に多いと言われています。

運動と睡眠は人間の体には非常に重要なので、どちらも適度に時間をとれるよう習慣化しましょう。

昼寝や瞑想する時間を作る

もし夜間の睡眠時間が足りていないという方には、日中30分ほど昼寝の時間を作るか、10分ほど目をつむって深い呼吸を繰り返す「瞑想」をおすすめします。

軽い睡眠や瞑想でも脳の働きがクリアになり、正常化されることも研究結果として出ているため、ぜひやってみてください。

立ったり歩くことを心掛ける

運動をするという習慣に近いことですが、デスクワークが多い人はどうしても椅子に座っている時間が長くなると思います。

しかし、長時間座り続けることは血流の低下につながり、記憶力も低下するといわれています。

さらにそれが長時間続けば、脳の領域が徐々に狭くなっているという研究結果も出ているそうです。

こまめに立って軽い屈伸運動をしたり、電車ではなく徒歩で運動をするなど、普段の生活習慣を見直すことで

さらに記憶力は改善し体の調子も整うでしょう。

石井式・瞬間記憶術で
瞬間記憶脳をつくる!
公式サイトはココから!
TOPページを見る